化粧品の原材料の規制緩和が行われました

化粧品 原材料

化粧品 原材料について

化粧品の原材料の規制緩和が行われました

画像
2000年に化粧品の原材料の規制緩和が行われました。
従来メーカーは国によって定められた原料の中から作りたい品に合う物を選ぶという形で製品を製造していました。
規制緩和後は、目的合う原料を独自に開発し、自由に原料を決めるようになりました。
また、化粧品メーカーとは別に原料メーカーも存在します。
化粧品メーカーがそこから原料を買うところで、原料メーカーも独自に原料を開発しています。
新製品の発売までにマーケティングや宣伝も含め何年間もかかることを見こし、原料メーカーは時代の流れを読んで開発を行っています。
また全成分表示が義務付けられるようになり、原料メーカーは開発した原料の特許取得を積極的に行うようになりました。
原料が自由になったということで、異業種からの化粧品製造への参入が盛んになっています。